おすすめのシャンプーの選び方洗浄成分の種類と特徴

下関、山陽小野田市で美容室を展開しているAmica(アミカ)、Angelo(アンジェロ)のディレクター中村光太郎のブログ

お客様の悩みに応えるべく髪質改善とダメージケアや毛髪科学について研究と検証を繰り返しています、中村光太郎です。弊社ディレクターとして全店の技術統括をしながら、アミカ長府店アンジェロおのだサンパーク店でサロンワークをしています。

山陽小野田市、下関長府近郊でトリートメント、ダメージケア、髪質改善、その他髪の毛のご相談はアミカ長府店、おのだサンパークアンジェロへ是非ご相談ください。またアミカ各店でも同様にご相談承っております。

普段何気なく、毎日使っているシャンプー。毎日使っているシャンプーでも意外と知らないことも多いですよね。今回はそんなシャンプーをどうやって選ぶのか?自分にあったシャンプーってどんなもの?このあたりについて書いていこうと思います。


シャンプーとは


現在ドラッグストアやインターネット上には膨大な種類のシャンプーが販売されていますが、主にそのシャンプーの性質を決める要素は使用される【界面活性剤】によって決まります。そのほかの成分は補足にすぎません。洗浄力の強い界面活性剤は、汚れをしっかりと落とすことができます。反面、使い方を誤るとそのパワーの強さから必要な頭皮の皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になってしまったり、髪の毛もパサつきが出てしまいます。では穏やかな界面活性剤はどうでしょうか。こちらは特性上、泡立ちが穏やか(弱い)で髪や頭皮をマイルドに洗い上げるため、皮脂を取りすぎることはなく毛髪への負担も少ないです。反面、その作用の穏やかさから、皮脂量の多い方は十分に汚れが落ちきらなかったり、整髪料の洗い残しができたりします。強い=悪い、弱い=良い、ということではなく目的や頭皮の状態、生活環境などによって、使い分けることが大事なように思います。良い悪いに関係なく、穏やかな界面活性剤の方が原料としての原価は高いことが多いです。


良いシャンプー、悪いシャンプー


現在ドラッグストアやインターネット上には膨大な種類のシャンプーが販売されていますが、主にそのシャンプーの性質を決める要素は使用される【界面活性剤】によって決まります。そのほかの成分は補足にすぎません。洗浄力の強い界面活性剤は、汚れをしっかりと落とすことができます。反面、使い方を誤るとそのパワーの強さから必要な頭皮の皮脂まで落としてしまい、乾燥肌になってしまったり、髪の毛もパサつきが出てしまいます。では穏やかな界面活性剤はどうでしょうか。こちらは特性上、泡立ちが穏やか(弱い)で髪や頭皮をマイルドに洗い上げるため、皮脂を取りすぎることはなく毛髪への負担も少ないです。反面、その作用の穏やかさから、皮脂量の多い方は十分に汚れが落ちきらなかったり、整髪料の洗い残しができたりします。強い=悪い、弱い=良い、ということではなく目的や頭皮の状態、生活環境などによって、使い分けることが大事なように思います。良い悪いに関係なく、穏やかな界面活性剤の方が原料としての原価は高いことが多いです。


界面活性剤の種類と特徴


界面活性剤にはその種類と特徴によって様々なものが存在します。

上の図は主な界面活性剤とその特性を示したものになります。

こちらの図の成分表はアミカ、アンジェロオリジナルのヘアケアライン【Amilio.n】の成分表で、赤枠で囲った部分が洗浄成分になります。(ポリクオタニウム-10のみ毛髪保護成分)

ちなみに左上から配合量の多い順番で並ぶように表示されてあります。

上の界面活性剤の特性の表と比べて見てどうでしょうか?アミリオシリーズは抗酸化、育毛、穏やかな洗浄成分をコンセプトに製造していますので、メインの界面活性剤は、上の表でわかる通りココイルメチルタウリンNaを使用しています。その次に使用していますのは、オレフィン(C14-16)になります。こちらはココイルメチルタウリンNaにくらべるとマイルド差では劣りますが、洗浄力はやや強いので、ココイルメチルタウリンNaでは落としきれない汚れが出ないように、補助洗浄剤として入れています。

このようにシャンプーを作る時は、使用する界面活性剤の特徴、作用、コストなどを考慮してバランスを整えたり、コンセプトに沿うように何度もテストとサンプルを繰り返して作られていくのです。

ですので、マイルドな界面活性剤だけで作られているシャンプーもありますが、価格は高くなり、泡立ちは悪くなります。そのため使用量が多くなり、次項で詳しく書きますが、結果髪の毛に負担をかけてしまうこともあるのです。


正しいシャンプーの使い方


湯船のお湯をザバーっとすくって頭にさっとかけて、シャンプーを3回くらいプッシュ。そのまま頭頂部あたりにべたっとつけてゴシゴシ洗う。そんなシャンプーのやり方、経験はありますか?

シャンプーは界面活性剤を使っているのは先述の通り、その界面活性剤はどんなにマイルドなものでも頭皮、髪の毛への負担は0ではありません。髪や頭皮への刺激、負担(マイナス要素)が限りなくゼロに近い。というものになります。反対に洗浄力の強い界面活性剤はマイナスが大きい。ということです。せっかく優しい洗浄力のシャンプーを買ったなら、洗いかたもぜひ見直して見てください。


1 お湯洗い
約1分間38℃くらいのお湯で頭全体をシャワーのお湯が頭皮に届くようにしっかりと流します。後頭部、特にえりあしの部分は髪が多く皮脂も多いので、汚れが残りやすい所です。酸化した皮脂が残るとニオイの元となります。この最初の流しで汚れの約80%を落とすことができます。

2 シャンプーをつける
使用量(プッシュ数)
アミリオシャンプー01の場合
ショート1 ミディアム1〜1.5 ロング1.5〜2
髪の長さにあった量のシャンプーをえりあし辺りからつけます。そこから両手で大きく円を描くように上に向かってあわ立てていきます。
トップからシャンプーをつけるとトップは髪の密度が低く泡立ちやすい所ですので泡立ちにくく、汚れのたまりやすいえりあしから洗っていきましょう。

3 洗う
しっかりと泡がたったら頭皮全体を両手の指のはらをしっかりと頭皮につくようにして、頭の下から上に向かってジグザグに進んで洗っていきます。全体が洗えたら同じく指のはらで頭皮全体を上に向かって押し上げるように優しくマッサージします。

4 流す
お湯がしっかりと頭皮まで届くようにシャワーを使ってしっかりと流していきます。えりあし、耳周りは流し残しやすい場所なのでしっかりと流しましょう。フェイスラインの泡も忘れずに。



自分に合ったシャンプーの選び方


洗浄力の強いもの、弱いもの、ノンシリコン、オーガニック。洗浄成分の違いはわかったけど結局何が良いの?と思われますよね。これはまず、担当の美容師さんに相談して見てください。いまのあなたの髪を一番わかってくれているのは、ずっと担当してくれている美容師さんです。もし行きつけの美容室がない方がこの記事を読んでいらっしゃいましたらアミカ全店でもご相談を承りますのでお気軽にお問い合わせくださいね。

通常、シャンプーの製造コストには、ボトル(実は結構ボトルって高いんです)、広告費、人件費、運送費、それに中間マージンも発生します。ですので意外と2000円くらいのシャンプーでも、シャンプー剤のみの原価は100円もしない、数十円くらいのものも珍しくありません。ですので、本当に髪に合ったシャンプーをお求めの場合は、決してボトルデザインや香りだけで選ばれませんように。


アミカオリジナル【Amilio.n】シリーズ


重ねて紹介になりますが、アミカではオリジナルシャンプーシリーズ【Amilio.n】を製造、販売しております。こちらのシリーズはOEMという製造手法をとっており、流通コスト、中間マージンを最大限抑えております。ボトルも手に入る中で最大限コストの低いものを選んで、ラベルデザイン、コンセプトムービー、商品撮影、販促物も私が作成しているのでコストはかかっていません。その分、原材料にコストをフルスイングしております。フルスイングすると、洗浄成分もよくなりますが、そのた補助のトリートメント成分も濃度を濃くできますので、洗い上がりの滑らかさは段違いです。宣伝になってしまいましたが、もし今のシャンプーに迷いがありましたら、一度ぜひ使われて見てくださいね。


まとめ


いかがでしたでしょうか。今回の記事を読んでいただいて、少しシャンプーというものの認識が変わっていただけたら幸いです。いま使われているシャンプーの、背面のラベルを読んでみると思わぬ発見があるかもしれませんね。

  • シャンプーの特性は界面活性剤で決まる
  • 洗浄力は、強い=悪い 弱い=良い ということでもない
  • 界面活性剤の特性を組み合わせてシャンプーのバランスは作られる
  • シャンプーは正しい洗い方が大事
  • 自分に合ったシャンプーは美容師さんに要相談

その他、髪のお悩み、ヘアスタイルについてもお気軽にご相談ください。