意外と困る!?美容室に行くときの服装の選び方

下関、山陽小野田市で美容室を展開しているAmica(アミカ)、Angelo(アンジェロ)のディレクター中村光太郎のブログ

お客様の悩みに応えるべく髪質改善とダメージケアや毛髪科学について研究と検証を繰り返しています、中村光太郎です。弊社ディレクターとして全店の技術統括をしながら、アミカ長府店アンジェロおのだサンパーク店でサロンワークをしています。

山陽小野田市、下関長府近郊でトリートメント、ダメージケア、髪質改善、その他髪の毛のご相談はアミカ長府店、おのだサンパークアンジェロへ是非ご相談ください。またアミカ各店でも同様にご相談承っております。

今日は予約してた美容室の日。ヘアスタイルの画像も準備したし着替えて出かけよう!

…でも毎回悩む美容室に行くときの服。いつも通りでいいんだろうけどちょっとおしゃれしていきたい気もする。それに冬だと厚着して行くと店内は暑いのかな?今回はそんな疑問に美容師が美容師目線でお答えします!

普段着 VS おしゃれ着


普通の服でいいです。僕たち美容師がヘアスタイルを提案させていただくときにお客様のオーダーが第一なのですが、髪の細かいニュアンス(カールの大きさや外ハネか内巻きかカラーの色味など)は服の感じに合わせたりします。部屋着のジャージ上下とかだとちょっとヘアスタイルを想像しにくですけど、普段ご飯に行ったり買い物に行ったりするいわば普段着にヘアも合わせる事で日常のコーディネートが合わせやすくなりますよ。逆にバリバリ気合の入った年1回くらいしか着ないような勝負服だと、僕たちは普段がわからなくないので、その服に合わせてスタイリングしてしまいます。 その場合、普段着を着たときに大きな違和感を持ってしまいますので気負わず、お友達の家に遊びに行く感覚で気軽にいらしてくださいね。


ハイネック


首もとにぴったりとくっついてるし、着て行かない方がいい気がしますね?実はけっこう大丈夫です、ハイネック。特に薄手のものなど内側に折ってしまえばカット中でもそこまで影響はありません。ただショートの方や刈り上げるようなヘアスタイルの方の場合、ニット素材のものだとどうしても首回りのネック部分に短い毛がつきやすくなってしまいますね。かなり気をつけるのですが…  同じハイネックでも厚手のものだとちょっとやりづらいかもしれません。カットは大丈夫ですがシャンプーの時に、クロスがまきづらくなりますので(でもなんとか大丈夫ですよ)首元に隙間ができてしまいやすく、濡れてしまう原因になる可能性がありますが、ビニールで防御もできますので不安でしたら担当美容師さんに言ってみてくださいね。


パーカー


たびたび論争になります美容室パーカーNG問題。絶対NGっていう意見も聞きますし、大丈夫って意見も聞きます。そんな皆んなを悩ませるパーカー。僕の意見は 

ものによる。

です。これも薄手のものなら大丈夫です。ですが厚手のものになると

こんな感じにパーカーに髪が乗っかってまっすぐ降りないのですね。ロング、ミディアムの方をカットする時に、髪の毛をまっすぐ下にとかせないというのは あとでまっすぐにした際に変な段差がついてしまったりします。じゃあショートなら大丈夫?と思われるかもしれませんが

こんな感じでえりあしの辺りが、盛り上がったパーカーとカットクロスの隙間に閉じ込められてしまって猛烈に切りにくいです。(でも頑張ります)もう刈り上げの方だとカットした短い髪の毛が救出不可能になります(でもしっかり取ります)

あとシャンプーの時にシャンプー台の枕とパーカーが2重層になってしまい

けっこう浮きます。

隣のお客様より高い位置でシャンプーされることによって優越感を得られるかもしれませんが、浮くということは頭とシャンプークロスの間にも隙間ができやすく、こちらも大事なパーカーが濡れてしまいかねません。(でも濡らさないように必死)

パーカーに対しての結論

薄手のものは大丈夫。超厚手はちょっとやりにくい。


セーター、ニット


大丈夫です。問題ありません。ですがハイネックの場合、上記ましたように少し首もとに着く髪の毛が心配ですね。ですが一つだけ注意点があります。それは

カットクロスの袖からセーターの袖が出ないようにする。

これです。なぜかというとニットは非常に髪の毛がつきやすく、そして取りづらいです。雑誌に夢中でうっかり袖が出たままだと

こうなります。カットして落ちてきた髪の毛を袖が全て吸収します。赤いのが毛ですね。アミカではコロコロも常備してますが、コロコロでもなかなか取れません。僕たちもカット前に気をつけているのですが、待ち時間など予防しきれない時もあります。ですのでニット、セターでお越しの際には袖がクロスから出ないように気をつけてみてくださいね。(ついてしまった時はコロコロでめちゃくちゃ頑張ります!)



普段の部屋着よりも一枚少なくてちょうどいいです。というのも美容室は暖房を割としっかりとかけています。その上からカットクロスをかけますので、カット中やカラー中は思ったより暑くなります。暑くなって着ても我慢してそのままだと気分が悪くなりますからね。ですので冬の美容室は一枚少なく。もし多く着ていてもカーディガンのように直ぐに脱げるようなものだとちょうどいいと思いますよ。暑すぎる時には、待ち時間はクロスを外したり、比較的涼しい席にご案内したりできますので美容師さんに遠慮なく言ってくださいね。



夏は暑い!年々暑くなるこの暑い夏の中、ご来店本当にありがとうございます!歩いて来られる方は特に、シャツ一枚でも汗だくになってしまいますよね。ですが、夏の美容室は冬とは反対によく冷えています。汗をかいてお店に入ったら、後から寒くなってきた…なんてことも。ですので夏の美容室には、一枚薄手の羽織れるものを着てきていただくか、着なくてもバッグに入れてご持参いただけますと安心ですよ。それでももし寒くなってしまった場合は、膝かけをご用意できますし、エアコンの風の当たりづらい席にお通しすることもできますので、遠慮なく言ってくださいね。風邪をひいたらいけませんから。


マスク


ぜひお召しになってご来店ください。お互いのためにも。一向に感染終息の傾向が見られないですから、感染予防対策を徹底した上でヘアスタイルを楽しみましょう!アミカではマスク着用のままでも、カットできます。カラーの時にもラップでヒモ部分をガードして、お顔への色移りを防ぎます。形状、材質によって取り替えないと施術できないマスクもありますが、こちらで不織布マスクか、専用のペーパーをご用意しておりますのでご安心ください。また、お席の方は可能な限り感覚をとってご案内しております。密な時間帯がご心配な方は比較的ゆっくりしている曜日、時間へご案内させていただけます。


まとめ


いかがでしたでしょうか。ちょっと疑問に思っていた、美容室に行く際の服装について僕なりの考えをまとめさせていただきました。主に僕がお客様の立場だったら着て行くのを迷いそうな服の種類と状況でまとめています。今回出て来なかった、シャツ、Tシャツ、スウェット、ワンピースなどその他の服は概ね問題はないと思っていただいて大丈夫です。他に疑問に思うことがありましたらお気軽にお電話でもお問い合わせくださいね。

  • 美容室は普段着で大丈夫
  • ハイネックは基本OK。厚手のもの、ニット地は毛の付着の可能性
  • パーカーは薄手はOK。厚手はやや難あり。
  • セーター、ニットもOK。毛が付着しやすいので袖に注意。
  • 冬は服を一枚少なく。多めに着ていても、一枚脱げるものを。
  • 夏は一枚薄手の羽織れるものを持参しておくだけでも安心。
  • マスクは是非着用で。