2話 美の世界

美容の世界ってどんな世界?

私がこの業界に入った頃から、ネイリスト、アイリスト、レセプションなどという言葉が生まれだした。

美容の世界は、僕が入った時よりも

広がったのだろうか、

それとも狭くなったのだろうか?

きっと広くなった。

そして深くなったような気がする。

美容師の仕事が髪を切るだけだった時代。

そんな時代もあったと思う。

それが全てだった時もあったと思う。

 

では今は、一体美容師に求められるものは何なのだろう。

美の世界とは一体、何のことなんだろう。

人によってその定義は違うのかもしれない。

違っていいはずだ。

 

だから僕が、「僕の美容の世界」の定義を作っても、誰も否定はできないはず。

僕はもっと広く美容を楽しみたいし、

もっと人を美しくしていきたい。

 

僕たちはもっと人を「きれい」にできる。

そう信じている。